ゼファルリンって実際どうなの?

MENU

ゼファルリンは天然由来のペニス増大サプリ

■ゼファルリンはどんなサプリなのか

 

ゼファルリンは、L-トリプトファンと併せて取り入れることで、血管の拡張効果と血流促進効果が倍増するということで、大変注目を集めているペニス増大専用サプリメントです。
スイカやきゅうりなどの、ウリ科の植物の中に多く含まれているL-シトルリンを多く含んでおり、血管内で一酸化窒素を作ることから血管拡張効果があるとして、医療現場でも使用されてきました。
ゼファルリンのモニターテストを実施したところ、約9割以上の人がペニス機能の向上を実感し、平均約6p前後サイズアップしたという驚異的な結果を残しているサプリです。

 

 

 

■ペニスのコンプレックスはこれで解消

 

ペニスの悩みは1つだけとは限りません。
実際に悩んでいる多くの男性の体験談によると、断トツで多いのは長さと太さに関する悩みです。
つまり、硬さや持久力よりも十分なサイズがないということで、頭を悩ませている男性がい多いのです。

 

ゼファルリンは、上記のようなペニスコンプレックスを解消するために開発されたサプリメントで、日本人男性の体質に合わせた成分設計となています。
そのためペニスのサイズアップだけに限らず、機能性にまつわる悩み全般も解決したという多くの声が寄せられているのです。

 

 

■L-シトルリンの配合量について

 

ゼファルリンは、L-シトルリン高配合サプリメントとして売り出されていますが、その一番の理由はペニスの血流を促進する効果が医学的にも認められているからです。
ペニスへ多くの血液が流れ込み、海綿体が膨張することで勃起現象が起こりますが、血流量を増やしてくれるのがL-シトルリンだといわれています。
海綿体は最大限に膨張した状態を記憶することから、ペニスへの血流量を増やすことで徐々にサイズアップを図ることができるのです。
尚、ゼファルリンの場合、L-シトルリンと相性が良いL-トリプトファンやマカ、トンカットアリなどの成分も配合されていますので、相乗効果を期待することができるでしょう。

 

■国内製造で高品質が保たれているから安心

 

ゼファルリンは、日本国内にある工場で製造管理されています。そのため、徹底した衛生面、安全性、技術面すべてにおいて高い品質を保つために厳重管理されているのです。
また、今までのペニス増大サプリメントは、海外製の商品が多かったことから、不安を抱いていしまう人が多かったのですが、ゼファルリンは日本人男性の為に開発されたサプリメントですので安心して使えるでしょう。
ゼファルリン公式サイトのみで購入が可能ですが、早い人で1ヶ月程度で効果を実感することもあるため、最低でも1ヶ月から体質が改善されるといわれている3ヶ月程度は継続使用することをおすすめします。

ペニスサイズってどのくらいが平均なの?

■日本人男性の平均サイズとは

 

ただ漠然とペニスを大きくしたいと考えているよりも、平均を把握しておいた方が目標を立てることができます。
目標があれば、多少面倒臭さを感じたとしても頑張れるのではないでしょうか。

 

ちなみに、日本人男性のペニスのサイズですが、様々な統計結果から分かったのは、約13p程度であるということです。

 

ただし各調査ごとに計測環境が違ったりしますし、調査方法も異なることがありますので、あくまでも目安ということになるでしょう。
必ずしも13pということではなく、ひとまず13pを目指せばよいということになります。

 

海外の場合は、もっと大きなサイズとなりますが、あまり大き過ぎても邪魔だったりします。
ましてや平常時に大きめとなると、収まりが悪かったりして必ずしも良いことばかりではありません。

 

元々体格が良い場合は多少大きくても問題ありませんが、小柄な人が大きなペニスを持っていると、逆に悩みが増えてしまうことがあります。
ひとまず、13pあれば特別焦ってペニスを大きくする必要はないということになるでしょう。

 

 

■平均サイズの統計がまばらな理由

 

そもそも、どうして各統計ごとで平均サイズに違いが出てしまうのでしょうか。
一つは、計測方法が統一されていないことが挙げられます。

 

計測方法は、特別規定が設けられているわけではありません。ですから、1pや2p程度誤差が出るのは当然のことでしょう。

 

また、勃起時のサイズを自分で計測して報告しているケースが多いということも深く関係していそうです。
ペニス増大関連の商品を販売しているサイトでは、たくさんのデータが紹介されていますが、調査人数が数十名ということも珍しくはないですし、年齢や体質の違いがあるにもかかわらず、かなり結果がいい加減なことがあります。

 

それから調査方法によっては、自己申告制が採用されており、嘘の報告をするということもあるでしょう。
例えば本当は13pにも満たない状況なのに、見栄を張って18pなどと報告してしまうことは、絶対にないとは言い切れません。

 

では、結局あらゆるデータは信憑性がないのかということになってきますが、医療機関などが公開しているデータの場合、やはり13pから15pの間となっていますので、このあたりのサイズを目指してペニスの増大を図るということになりそうです。

 

ちなみに、太さはどうなのでしょうか。長さばかりが注目を集めてしまい、太さに関してはあまり触れられることがありませんが、コンドームの標準サイズを確認する限りでは、だいたい3.5p程度が平均サイズだといえるでしょう。

 

 

■大きなペニスとはどのくらいのサイズ?

 

このように大きなペニスとは太さ3.5p以上、長さ13p以上のペニスということになりますが、自分でサイズを図る際は恥骨から計測するようにしたいものです。

 

根元から計測して13pであっても、恥骨から計測するとおそらく誰でも15p近くにはなりますので、このくらいがひとまずベストサイズということになるでしょう。

 

ただし例外があります。贅肉でペニスが埋まってしまっているような男性は、サイズの割には小さく見えることがあるということです。
健康のためにも痩せるのが一番ですが、見た目のバランスが悪いことがありますので、やや大きめを目指してみても良いかもしれません。

 

また、女性が大きいと感じるペニスサイズは15pくらいからであることが分かっています。
人によっては18cmくらいからと答える女性もいますが、あまり多き過ぎてもセックスの際に痛がられたりして、元も子もないということになりがちです。

 

ですからひとまず13pを目指してみて、それから更に大きくするかどうか決めていくというやり方の方が失敗がないかもしれません。
ペニスは一度大きくしてしまうと、元の大きさには戻らないものです。

 

増大手術の場合は、元の大きさに近い状態まで戻ってしまいますが、ペニス増大サプリメントなどでサイズアップを図ると、海綿体自体の膨張率が高くなっていますので元の大きさには戻りません。

 

イメージとしては、一度膨らませた風船は新品の状態には戻らないといった感じでしょうか。
そのため自己満足の為だけにやたらと大きくしても、メリットはそれほどないのです。

 

ちなみに、ゼファルリンなどを使用してペニスを1p程度大きくした場合、些細な変化ではありますが女性にはすぐ分かるようです。
特にセックスの際に変化を感じるようで、太さや勃起力、ソリ具合の変化などペニスの機能性が以前と違うという声が多数寄せられていました。

 

ということは男性が考えているよりも、女性は平均サイズさえあれば、それ以上大きくなくても良いと考える傾向にあるのかもしれません。

 

1pから3p程度の変化しかないと、物足りなさを感じてしまうことがありますが、短小ではない限り長さや太さのサイズアップは、ほどほどくらいがベストだといえそうです。

 

つまるところ、彼女や奥さんがいる場合は、相手に合わせながらということになりますね。
せっかく平均以上のサイズになっても、あまりにも大きくなり過ぎたせいで嫌われてしまっては意味がありません。
ということで、ひとまず根元から13pということを覚えておきましょう。